「時間(私)」から観た世界


 

山の人モード

今、「時間」 に成りきる感性実験をしています。これは4月半ばころに気づいて暇を見つければやっているのですが、新しい哲学の地平が開けるような予感があります。

私が「時間」になるのではなく、「時間」に私がなるのです。この違いは大きいのです。「時間」に乗り移ってしまう感覚で、そこでの体験が目的です。

現代科学の物理学では、時間は、空間という「物質」の運動に付随したモノサシでしかないのですが、それゆえビッグバン以前はどうなのかだとか、宇宙の外側はどうだとかという人知では想像を絶する空間が生まれてしまうのですが、「時間(私)」から観る世界では宇宙だとかすごくちっぽけな事象に過ぎないことになってきて、すべてが自明になってしまいそうなんです。

ただまだ体験度が足りていない。

ヒントはニーチェ哲学の「永遠回帰」(永劫回帰という感覚ではない)だったのです。哲学者の解釈や知識人のあいだで言われているような物理学的な円環的世界観を「永遠回帰」とするような、そんなベタなことを、あのニーチェが発見した時に感激するほど喜んだというのは有り得ない。物理学的な円環的世界観のなかで何回も同じ人生を繰り返すことを全肯定する?、喜びも悲しみも?、あまりにベタ過ぎる。そんなことは誰でも考えつく。ニーチェは100%違うことを言っている、というのは私のニーチェに対する信頼です。

「永遠」に対して求婚する「超人」は、限りなく「時間属性」に近いものじゃないかと仮説を打って見当をつけたのが始まりだったのですが、この思考実験中に中島義道さん近著の『時間と死』を併読(というか並行乱読)しており、そこから重大な閃きが生まれたのです。

「時間(私)」の世界ではあらゆる偶然性が消滅する。

「時間(私)」が時間属性をすべて独占しているので、空間(物質)は非時間属性的な対象になるわけですね。

視覚的世界観と言語的世界観は全削除しないとイメージできません。

これね、すごい世界です。

 

ただ、あまりやり過ぎると息苦しくなって発狂しそうになります。(なりかけた)

離人症、精神分裂症気味の人は絶対に真似しないようにしてください。

自己催眠の世界に入ってしまう感じなので。

 

その「時間(私)」から、視覚的を含めた総合的に、「現在する私」を観察すると、どう感じると思いますか?