プロローグ


 

あたしは夜が好き。

数えきれない星たちや月が語りかけてくる、にぎやかな夜。雲におおわれてほとんど何も見えない、黒い夜。暗やみに木の葉が風にゆられて、ささーさささーってささやく、ひみつの夜。雨の音がこの家とじめんを、とんとととんってノックしつづける、人なつっこい夜。みんな好き―――

 

君はどんな人かしら。

君の年れいはいくつ?小学校にあがったばかりの6才かな?それとも42才のお母さんかな?それとも17才の高校生?もしかすると88才のおじいさんかもしれないね。君がいくつでも、変わらない心ってあるような気がするの。その君の心にあたしもいるわ。

 

夜といっしょにいると心がうるおうの。なぜかは知らない

 

君はどこに住んでいるの?氷がたくさんあるグリーンランドかな?それともライオンさんや象さんがいっぱいいるアフリカかな?それともアジア?もしかすると地球の外かもしれないね。君がどこに住んでいても、今このときだけは、君と同じところにあたしもいるわ。

 

ジュンはすやすや寝ちゃってる。だからあたしは夜をひとりじめ

 

君がいる“時”はいつ?西れき2020年にいるのかな?それとも2038年にいるのかな?それとも3597年?もしかすると西れき8264年にいるのかもしれないね。君がいついても、君が今いる“時”、あたしもそこにいるわ。同じ“時”にいるのよ。ふしぎね。

 

夜が言うの。ぼくさびしいって。そんなとき、あたしは夜を抱きしめる

 

君に、ちょっと想像してほしいことがあるの。今あたしは君といっしょにいる。そんな君と同じように、ぜんぜん違うところで、ぜんぜん違う時に、ぜんぜん違う年れいの、君がぜったいに会うことのできない人の世界のなかにも、あたしはいる。このつながりのことを、君はどう思う?どう感じている?

 

少しだけ自己紹介をさせてね。あたしは猫。なまえはトワよ。ほとんど黒に見えるけれど、深い青むらさきいろの毛なみが自まんなの。目はブルー。あたしのパートナーはジュンという人間の男の子。

 

あたしもジュンもわき役に過ぎないわ。

主役は君よ。

 

さあ、一緒にでかけましょう。

人間という銀河への、ミステリアスな旅に―――

 

 

Please comment