平成最期の日に

  今日で平成が終わる。 平成に置き去りにしてゆくことと取り戻すことをまとめておきたい。自戒の念を含め少々辛口になる。   1.「平成」は、「昭和」を卒業し「令和」へステップアップするためのモラトリアム期間という一面があった。 敗戦国としての日本 日本政府が「戦後レジームからの脱却」を標榜しても、米国からの圧力をはねのけ米国への依存度を... Read More

subject(10)―客観世界(改)

  今日はようやく春が訪れたなあという感じの陽気でした。東京は風が強かった。 さて、昨年10月23日まで9回に分けて考察してきた認識構造論を再開します。約160日ぶりです。修正すべきは修正し、9回目までとは異なる新しい着想からの展開です。まだまだ粗削りの仮説ですが(いつものことですが)、意識ー無意識をとりいれて主として「客観世界」の論理構造を構... Read More