八十にして成る


八十にして成る


 

次の文章は日本人ならばほとんどの方が知っていると思われる、孔子が自分の人生を振り返り年代別に表した言葉とされています。

子曰、
「吾十有五而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而従心所欲、不踰矩。」

子曰(いわく)、
「吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(したが)う。七十にして心の欲する所に従い、矩(のり)を踰(こ)えず。」

世間では一つの優れたロールモデルとして捉えることも多いように感じますが、あくまで上記は孔子の人生です。学ぶことはするが参考に留めておく程度で良い。自分は自分固有の言葉でおのれの人生を表現すべきだと考えます。

『淮南子(えなんじ)』には次の言葉があります。

「蘧伯玉年五十而知四十九年非。」

「蘧伯玉(きょくはくぎょく※賢人の人物名)は五十にして四十九年の非を知る」

五十歳にして四十九年間すべてが間違いだったと言い放つ豪快さと潔さ、そして新しい一歩を踏み出そうとする意志を感じとることができます。

 


 

八十にして成る

 

晩成という言葉があるけれど、自分で自分が晩成するなどと恥知らずなことを言うつもりはない。

「成功者」とは何者か。

社会や他者に賞賛されることをもって「成る」「成功」とするならば、その際におのれの胸に去来する満足感は陳腐なものに違いない。

 

ところで、「成る」とはまさに自分自身のみによって自分を「成った」と認めることであるが、なにをもって「成るのか」「成ったのか」は自分固有の価値観であり、他の誰のそれでもない。

「成る」ということについて考え続けねばならない。

これは一生涯の課題だ。

 

「八十にして成る」というのは八十歳にして成功するという宣言ではない。

少なくとも八十歳となるまでは「成らない」という宣言です。

 

八十まで生きられなくても関係ない。その途上にあるという意識が大切だと思うわけであります。

「成るとは何か」について八十までには見つけたい。

八十を目前にしたならば、「百にして成る」に言い替えるかもしれない。