都内ぶらり

  今日は普通の日記を書いてみます。(ほとんど書いたことないけど) まずこんな光景が! :-o ここね、東京都心の港区、札の辻交差点。大きな幹線道路のど真ん中。 そこにベネトンばりのビビッドなレーシングカーの集団がさっそうと走っておりました。寒い中オープンカーで、でもみんな明るい笑顔でとっても楽しそうで :-D  ドライバーのほとんどは外国人... Read More

わが道を独り行く

  私がここで『希望』について書いているのは光の人格と言えると思うが、陽極には陰極、長所と短所が同じ位置に同居しているように、光には影がある。希望を力強く打ち出す自分の源泉には「どうせ失う命だから」というニヒリズムが基盤としてある。 このニヒリズムが逆転作用すると影の人格が発動し、「どうせ失う命だから、もうどうでもいいじゃないか」と投げやりとな... Read More

やりたい仕事で2倍稼げる仕組みを社会に

  今日は新しく作った希望モードです。 私たちの人生の中で『仕事』や『労働』の占める価値割合はかなり高いと思います。 『仕事』や『労働』はお金を稼ぐ手段ですが、お金もまた手段にほかなりません。そもそも手段であるお金が目的となってしまっていないか、というふうに自問自答してみたことはありますか。お金の収入が安定していることを人間は求め、それは労働が... Read More

日本人のしなやかな覚悟

  今日は新しく作った「桜の人モード」で書きます。 昨日の記事で私は、捨て身の覚悟でと書きました。大袈裟に言えば死の覚悟ですが、日本に連綿と受け継がれてきた文化には、「思いきる覚悟」「美しく散る覚悟」「いさぎよい覚悟」「あきらめの覚悟」などいろいろとあって、一つの真理として「覚悟のすがた」を限定せず、しなやかに使いわけてきたのが日本人だと思うん... Read More

2017年 希望の海へ

  ここと同じくして元旦にアップした私のビジネスサイトにも書いたのですが、今年は特に「何のために生きたのか」にこだわってみようと思います。 「何のために生きるのか」ではなく、「生きたのか」と捉えることに意義がある。 いつか私は死ぬわけですが、そのときにはおそらく、「おまえは何のために生きたんだ?」と自問自答するような気がします。 社会の理不尽さ... Read More