なぜ「哲学・思想・倫理」なのか


 

山の人モード

現代の世情をながめれば、政治の軽薄化、格差社会、経済偏重主義、心無き時代、人々の無表情化、核戦争の危機、宗教活動テロ、地球温暖化など、「人類の危機」が訪れている感さえあります。

現実に対処していくことは大切です。しかしそれだけでは根本的治療にはならず、表面的かつ場当たり的でつぎはぎだらけの、原型をとどめない醜い人類文化がどんどん歪んでゆくばかりです。

 

人類の延命治療をするのではなく根治を目指し、我々の子孫たちにより良い世界を残すためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

宗教はどうでしょうか。

異教徒との争いが世界各地で起こり、信仰依存によって信徒の心は隷属化し、宗教教団の多くが権力化するのはなぜでしょう。現に今もそうなっているのではありませんか。どんな宗教も必ず「派」が生じます。原理主義に至っては排他性が強く、紛争や戦争、テロの源です。

 

教育はどうでしょうか。

教えるおとなの先生の人格資質が現代社会のままであれば、子どももそのままです。まずおとなの人格教育から始めなければならない。ではそのおとなの教育を誰がすると言うのでしょう。国家(文部科学省)も人で出来ている限りレベルは変わりません。人間性を養うには、トップダウン型では無理だということに早く気づくべきです。学校は知識を教えることに特化し道徳には手を出さないほうがむしろ良い。

おとなも子どもも一緒になって、哲学・思想・倫理を学ぶ機関をつくってみてはどうでしょうか。教えられるのではなく、みずから学び、常に「次世代の哲学・思想・倫理を創造していこう」とする永久機関として、全国各地の公民館を利用した塾のようなものを。

 

科学はどうでしょうか。

物理科学がどれほど発展しようと、それによって更に心無き時代となることはあっても、心の幸せにはつながることはありません。テクノロジーの進化は後戻りができない。この後戻りができないことを軽視し過ぎていると思います。

更に科学的水準を上げていく欲求に人類は勝てません。核のレベルは天井知らずに上がってゆきます。人類が核を作れなくなることはもう無いのです。地球という星自体を消滅させることのできる核兵器は、間違いなく今世紀中に開発されると思います。

 

私には、どう考えても「哲学・思想・倫理」の手によるほかはないと思えます。じわじわと数十年、数百年かけて地道に、地球人類の意識がおのずから変わっていくほかに道は無いのではないでしょうか。

 

私ひとりが沈潜しても、微々たるもので無関係レベルなのかもしれません。

しかしながら、「一燈照隅、万燈照国」という言葉があります。

この言葉の意味は、一隅を照らし続けていれば、それを陰から見て、どこかの誰かが自分もと思って一隅を照らしてくれるかもしれない。やがてそれが万燈となって国を照らすことにつながるということです。

地道に一つの隅を照らしてまいります。

 


 

上記は、当ホームページの「哲学・思想・倫理」コンテンツに昨日書いた文章の転記です。

今日のブログをサボってごまかそうという魂胆みえみえですね(苦笑)

「ツァラトゥストラ」についても書きました。

肝腎のツァラの中身のほうですが、「タイトルと副題」について書きました。

本文は、第一部の第一章「ツァラトゥストラの序説」、最初の第一節を書きました。

それでも私としてはけっこう脳のエネルギーを使いましたので、早々とワインを楽しむ時間へ移行です。

明日は「知の活性化」の「西洋哲学」と「東洋思想」を書くつもりでいます。

今日のところは更新情報ということで!