序章ーー爽やかな風


スペアミントの風


 

人が通り過ぎたあとに、風の薫りを感じることがある。

 

爽やかな風でありたい。

 

爽やかでありたいのとはうらはらに、私の心の内面は熱帯雨林のようで、ここに綴った文章を読むかたがたにおかれましては、熱量の高い風を感じられるのかもしれない。

それでも私は、スペアミントの風なのだと言い張っておく。

 

颯爽と生きてゆこう。