無意識を活用した医療

  古代の医療行為においては積極的に無意識が活用されていた。科学医療に慣れた現代人はこれをオカルトと呼び蔑視する傾向が顕著だけれども、そのオカルトが治療成果をあげてきたのも歴史的事実である。現代心理学ではプラシーボ効果と呼ばれることもある。 アンリ・エレンベルガー著『無意識の発見/力動精神医学発達史』では、古代の呪術によって医療行為が行われ、し... Read More

無意識を動かす、機会としてのセレモニー

  内向と外向について考察してみようかと思った今回ですが、気づいたことがあるので先にこちらを。といっても例によって閃きの段階なのですが。   まずユングの分析心理学のロジックを方程式的にまとめる。 〇統合人格(パーソナリティ)=意識+無意識 〇人格の機能→心の構え=意識の構え+無意識の構え ※容量およびエネルギーのイメージ。私とし... Read More

無意識の応用と個人的実用化

  私が無意識(深層心理学/分析心理学)を研究しているのは何かの目的があってのことではありません。好奇心だけかと言えばそういうわけでもない。動機としては、「何かがある、閃きに繋がるものがきっとある」や「自分の中にある何かの考えとマッチングして新しい何かを創造できそう」という直感的なものがある程度です。 しかし結果的に仕事の役に立っているのはほぼ... Read More

ユング・フロイトの無意識理論の根はニーチェのこの文章

  今回の記事ではニーチェの言説から無意識を捉える。 フロイトもユングも、ニーチェの『ツァラトゥストラ』からヒントを得て、深層心理学の無意識にかんする理論を組み立てたことは既に明らかになっている。ユングはそれを公言して憚らなかったし、フロイトは最初は認めなかったが晩年にしぶしぶながら認めていた。 では行こう。ニーチェは楽しい。 そうだ。この自我... Read More

無意識による人格形成

  今日は結論を先に書きますが「人格は無意識内で形成される」というのが本稿での主な主張です。 前の記事までに「構え」と「ペルソナ」の重要性について考えた。ここでは、人の心における、構えとペルソナの根源について分析し、構成し直してみたい。   1.主体の資質 (1)価値観の生成 主体(人の心)の資質を大きく大別すると、心理学者のほぼ一致... Read More